PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天使になったC君

このブログにも以前登場した親戚のC君が

天使になりました。

享年2歳10ヶ月。



心臓が悪くて4回にものぼる大手術を

頑張って頑張って頑張り抜いたんだよね。

体が細くて入らない注射、点滴も

何百回も耐えたんだよね。

2年以上は入退院を繰り返して

病院で過ごすことが多かったC君。



ママに甘えて泣いては、一緒にバギーでお散歩したんだよね。

散歩にいくと気持ちが落ち着いたんだよね。

最後はママの顔を見ると泣き出して心臓に負担がかかるので

近くにいくのも控えていたママ。

何もできないことがママにはどんなに辛かったことか。

パパも水分制限に苦しむC君にお水をあげれなかったことを

すごくすごく悔いてました。



最後は納得のいく死に方ではなかったそうだけど

眠ったお顔はほんと微笑んでいて、

それをママは‘清々しい’お顔だと言ってました。

一緒に頑張ったママだから言える言葉だと思いました。



いつも辛くて苦しい顔をしてたらしいけど

パパとママの撮った写真には

きらきらと輝くかわいい笑顔がたくさん残っていました。

パパとママにだけ見せてたとびきりの笑顔だね。



お通夜の夜はC君が怖がるといけないからっていう

パパママの計らいでみんな平服のでした。

そしてお布団に寝たままのC君を囲んで

歌を歌ったりお話したりしたんだよね。

C君喜んでくれたかな?



C君、痛く辛いこの世だったかもしれないけど

パパとママは全力でC君を愛していたよ。

だから悪いばかりの人生じゃなかったって思うけど

どうかな?

次生まれ変わってきた時にはきっと

楽しいことがたくさん待っているから

またパパとママの縁のあるところに生まれておいでね。



C君の頑張り、C君がしっかり生きていたことを忘れないよ!

でも今は天国のふんわり雲のベットで暖かい光のなかでゆっくり眠ってね。









C君がしっかり生きた証として掲載させてもらいました。

*よければC君のパパさんママさんに励ましのコメントをお願いします!


| 1.1歳 (修正9ヶ月) | 21:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

C君のパパママさんへ。

同じく心臓病で1歳3ヶ月の娘を亡くしたものです。

きっとC君は、

”パパママのところだと僕は命が短くても、きっときっと
幸せな充実した人生を送れる、たくさん愛してもらえるんだ”

って分かっていてこの世に誕生してくれたんだと思います。

たくさんの愛情を受けて、きっときっと幸せな人生でしたよ。
人生の充実度って時間だけでは測れないですもんね。
うちの娘もそう思ってくれていると信じています。

そして、娘を亡くして5年。
片時も娘を忘れたことはありません。
毎日、”生まれてきてくれてありがとう。
お父さんとお母さんを選んでくれてありがとう”
って語りかけています。

C君はいつもパパママさんの側にいますよね。
うちの娘もニコニコしながら、妹と弟の成長を見守っています。

我が子を亡くした悲しみは時間がたっても癒えることは
無いですが、一緒に過ごした楽しい想い出も消えることが
ありません。

もう一度、天使になった私たちの娘、息子に言ってあげたいですよね。

”生まれてきてくれてありがとう。
お父さんとお母さんを選んでくれてありがとう。
とっても幸せな時間を過ごすことができました。
とっても充実した時間だったよ。”

って。

一緒に頑張っていきましょうね。

ちょっぴり先にお空に帰ってしまったうちの娘とC君が
天国で仲良く過ごしてくれますように。

下手な文章でごめんなさい。

| あちゅ母 | 2009/03/25 23:09 | URL | ≫ EDIT

C君へ

えらいね。よく頑張ったね。
君はとっても強い男の子だったんだね。
パパとママの宝物だった君。
たくさんの人から愛された君。
今頃はお空の上からみんなを見守ってるかな?

パパさん、ママさん。
お体は大丈夫ですか?
大切な大切なお子さんを失った悲しみは計り知れないものが
あると思います。
kyocoさんから、少し話は聞いてました。
とっても愛されてたC君はあなた達の子供で幸せだったと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。


| 楽 | 2009/03/26 00:13 | URL | ≫ EDIT

久し振りのコメントです

kyocoさんのポジティブで前向きなブログ、いつも楽しみにさせてもらってます

C君のパパさんママさんに励ましのコメントなんて、おこがましいのですが、
2年4ヶ月前に、初産の長女が1ヶ月と3日でお地蔵様になりました

ネガティブな私は、子供の死を3回忌を迎えた去年の11月末にやっと吹っ切る事ができました

死を受け入れる事はできても、納得する事はできなくてもいいと思っています

子供がお空に行った時に、まず思った事は、
悲しんで泣いてあげるのも供養ですが、
時間が経って… … …、

何気ない事で夫婦で笑って過ごせるようになる事。
これが、1番子供が喜ぶような気がするのです

今でも頼りないママをすぐそばで見ているような気がします

でも、暫くは頑張らないで下さいね

| 栗ちゃんMama | 2009/03/26 12:18 | URL | ≫ EDIT

はじめてコメントさせてもらいます。
うちの子も心臓病で苦しい思いをしてますので
コメントさせて頂きました。

C君ママ、パパさん、
本当にお疲れ様でした。
苦しむ姿に何もできなかったのは
さぞかし辛かったことと思います。
私も眺めることしかできないことに
辛さを感じてますのでよくわかります。

C君は天国にいきまいしたが
ご両親の愛情を沢山受けて
きっと満足だったと思います。
受け入れることは辛いことだと思いますが
また夫婦一から家族を作っていってください。
何より、まずはしっかり休養してくださいね。

| かんな | 2009/03/28 11:22 | URL | ≫ EDIT

いつも読むだけでスルーしてましたが。。。

C君、頑張ったね!!
この世に生まれてきたことは
無駄じゃなかったんだぞ=3
またパパとママのもとに戻っておいでね!!

うちも2歳の子を亡くしましたが
妊娠しました。
きっと息子の生まれ変わりと信じてます!

| くみょん | 2009/03/28 11:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cocokco.blog84.fc2.com/tb.php/277-43d91ed0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT